Archive for the Stationery Category

手書きメモをスッキリデジタル化「ショットノート」 | KINGJIM

Posted in Stationery | No Comments »

手書きメモをスッキリデジタル化「ショットノート」 | KINGJIM.

キングジムは、手書きメモをiPhoneで撮影しデジタルデータにできるノート「ショットノート」を2月7日に発売する。

「App Store」で無料配信されている専用アプリ「SHOT NOTE App」を使い、ショットノートを撮影するとアプリが四隅のマーカーを読み取り、サイズなどを自動補正して画像を取り込む。データはメール送信やネット上 へのデータ保存サービス「エバーノート」に保存可能。サイズはS(336円)、M(451円)、L(630円)の3種類で、表紙の色は白と黒の2色。(毎 日新聞デジタル)

書き出し時のカスレがなく、なめらかな書き味 3色BP「アクロボール3」

Posted in Stationery | No Comments »

パイロットコーポレーションは、なめらかな書き味とカスレの無い書き出しが特徴の低粘度油性インキ「アクロインキ」を搭載した3色ボールペン「アクロボール3」(420円)を10月5日から発売した。

引用元: 新製品情報 – 文マガ.

単色のアクロボールが自分的には一番使いやすかったので、店頭に3色ボールペンが並んでいたので即、買っちゃいました。

ペン心は単色と違い、細いリフィルが入っています。他の多機能ボディに交換も出来そうです。

書き味などは申し分有りませんが、ボディのデザインがキャッチーすぎますかねw。オレンジを購入しましたが、仕事で使うと違和感が・・・。やはり無難な黒にすればよかったかな。

クリップがバネの入った洗濯ばさみタイプなので、ボディ自体も気に入りました。色だけが・・・。

新製品情報 – 文マガリングノートや厚手のノートを収容可能に コクヨS&Tのカバーノート

Posted in Stationery | No Comments »

コクヨS&Tはリングノートや厚手のノートを2冊収容できるカバーノート「SISTEMIC(2冊収容リングノートタイプ)」(A5 1,890円、セミB5 2,100円)を11月1日から新発売する。

引用元: 新製品情報 – 文マガ.

現在、キングジムのレザフェスを使っていて、同様の3つ折りタイプという事で早速購入してみました。

構造は悪くはないのですが、質感がペラペラでした。以前より販売されていたSISTEMICと比べると、持ったときに「あっ、ペラい」と言うのが第一印象でした。

ノートを実際に入れてみればそこまで違和感は感じないのですが、レザフェスに比べると安っぽく感じ、機能的に飛び抜けているところもないので、結局レザフェスを使うかなぁ。

OLFA「キリヌーク」: きたきつねの文房具日記

Posted in Stationery | No Comments »

オルファが新しい一枚切りカッター「kirinuq TS-1」を発売した。ブリスターパッケージには「キリヌーク」と印刷されているが、製品本体には商品名がなく「TOP SHEET CUTTER」となっている。

引用元: OLFA「キリヌーク」: きたきつねの文房具日記.