Archive for 8月, 2008

MacOSXカスタマイズツール:TinkerTool

Posted in Mac Soft | No Comments »

TinkerTool: Description.

MacOSXをカスタマイズするアプリです

Windowsでいう「窓の手」みたいなものです

Raging Menace – MenuMeters

Posted in Mac Soft | No Comments »

Raging Menace – MenuMeters.

MacOSX上段のメニューバーいCPUメーターやメモリメーターなどを表示する

詳しい使い方は以下のサイトで説明してくれています.

MenuMeters : メニューバーにCPUメータなどのステータスを表示

OS10.2以上(UB)、PreferencePane

ドネーションウェア、日本語対応

メニューバーの右側にCPUメータ、ディスクメータ、メモリーメータ、ネットワークメータを表示するステータスチェッカーの「MenuMeters」の紹介です。

わかばマークのMacの備忘録 : MenuMeters.

りんごちゃんの家計簿 – Malon,Inc

Posted in Mac Soft | No Comments »

「りんごちゃんの家計簿」は、おこづかい帳を簡単につけるためのソフトウェアです。家計簿の情報を家庭内LANで共有できるようにウェブブラウザSafari上で操作できるようにしました。家族で家計情報を共有したい方に向いていると思います。技術的な表現をすれば、rubyでひとりウェブサーバをCocoaで起動するアプリケーションです。

Webアプリケーションなので、Safariでしか動かないということはありません。InternetExplorer, Firefox等のウェブブラウザでも動くはずです。さらに言えば、Macから使う必要もなく、WindowsのIEから使用することもできます。

りんごちゃんの家計簿 – Malon,Inc.

LeopardのことえりをAtok風にカスタマイズ

Posted in Mac Tips | No Comments »

以前の「ことえり」に比べたら かなり賢くはなって来ているのですが、やはりATOKには まだまだ追いついていません

漢字の候補については まぁ、そこそこ使えるので

せめてキーの機能設定だけでもATOKと同じなら このまま使っていけそうです。

下記のTipsは10.4以前のもののようで、目的のファイルがなかなか見つからなかったり、

ダウンロードできても10.5のデフォでは解凍できなかったりしました・・

解凍は StuffitExpander12で 出来ました

とりあえず、ファイルを保管msimekeys

LeopardのことえりをAtok風にカスタマイズ

なんだかんだといいながら、Leopardを使っています。

小学館やOxfordの辞書が使えるのはとても便利。

それからPreviewの機能がアップ。PDFの複数ページをまとめたり、色調補正が出来たり出来て便利。

ただ、困って困ってしょうがなかったのは「ことえり」。

変換キーでよく使うキーをAtok風に変えていたのですが、そのカスタマイズが出来なくなったんです。(矢印キーとか)

MacOSX 10.3時代にはことえでぃ4というツールも出ていたのだけど、Leopardでは使えない。

「ことえでぃ4」が出る前から設定ファイルを書き換えてカスタマイズしていたから、自力でやってやろう、とトライ。でも、設定ファイル(Msimekeys.plist)の置き場所が変わっちゃってる。

SONYブラウン管テレビ サービスマンモード

Posted in AV Tips | No Comments »

ウチは32型のSONY製ブラウン管テレビKV-32DX850を使っているのですが、D端子に繋いだ720p以上の映像は画面からはみ出して表示されているようですが、PC用CRTの様に 表示サイズを変更する裏技があるようです。
サービスマンモードと言い、非常に細かい設定が出来ます。やり方は まず、TVをスタンバイ状態にして
[消音]–>[5]–>[テレビ音量+]–>[電源]
と押すと 画面になにやら緑色の文字が表示されます

設定の操作方法は
[1]項目送り [2]項目変更 [3]値贈加
[4]項目戻し [5]項目変更 [6]値減少
です

非常に多くの設定があり、200以上有るのではないかと思いますが、目的の設定は[2]を押していって、
[DEF1]の[1 VSIZ] (画面上下サイズ)
[DEF2]の[2 HSIZ] (画面左右サイズ)
です

現在の設定値は必ずメモしておきましょう! 気に入るサイズになるように調整します。調整をミスったり、元に戻したい場合には[電源]ボタンを押しすと画面が消えて スタンバイ状態になり、設定は 何も変更されてないはずです。気に入った画面サイズになったら、メモリに書き込みます。
[消音]ボタンを押すと 赤い文字で[メモリ]と表示されますので 続けて[12]ボタンを押すと メモリに書き込まれ、[G]と表示されます。
[電源]ボタンで 一度スタンバイ状態にし、更に[電源]で設定の変更された状態で 画面が表示されているはずです。

KV-32DX850では 上記のような動作をしたのですが、他の機種では若干違うかもしれません ご注意下さい。
コレで、外部地デジチューナーからの映像やPS3の映像が 切れて表示されることはなくなりました。

Hello world!

Posted in 未分類 | No Comments »

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !