スリープ復帰後、AirMacに自動的につながらない対策

Posted on 水曜日, 3月 18th, 2009 at 1:20 PM

MacBookAirの無線LANが、スリープ復帰後自動で接続できなくて、毎回 手動で接続しないといけないようになってました。

そこで調べてみると 良さそうな記事がありました。早速試してみています

2008-03-17-e382b6e383aae382ace3838be3818ce8a68be381a6e38184e3819fe38082_1237349781887

2008-03-17 – ザリガニが見ていた…。.

いつの頃からか発生していた、スリープ復帰後、AirMacに自動的につながらない問題。スリープ復帰直後につながらないだけで、AirMacカードの切入を繰り返せば正常につながるので今まで放っておいたが、習慣になりつつある以下の単純クリック操作がいいかげん嫌になってきた…。

  • MacBookのディスプレイを開く。
  • 「AirMacを切りにする」
  • 「AirMacを入りにする」

わ ずか5秒程度のクリック操作なのだが、これを毎回、これからも繰り返すのかと思うと…精神衛生上よくない。実はつい最近の「AirMacユーティリ ティ 5.3.1」アップデートに淡い期待をしてインストールしてみたのだが、この症状については全く改善の兆し無し。これでやっと自分自身で何か対策をしてみ る決心がついた。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply